スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

リボルテック エヴァンゲリオン2号機 獣化第2形態 ザ・ビースト

 2013-02-20
P2200607.jpg


リボルテック エヴァンゲリオン2号機 獣化第2形態 ザ・ビーストを紹介。
人を捨てたエヴァの力、見せてもらうわ


P2190575.jpgP2190577.jpg

P2190579.jpgP2190580.jpg


2010年5月に発売。

ヱヴァンゲリオン 新劇場版:破 のクライマックスにて登場する、二号機です。
劇場公開から一年弱でのフィギュア化。

劇中での、野獣らしさが出てると思います。
箱に入った状態は、猫背で、四つん這いのような状態で入っています。

直立させると、なんとも気持ち悪いです。

通常のエヴァシリーズと比べると、腕、足が細長くなっています。
また、胴も長くなっています。


P2190578.jpg

付属品。
・血飛沫エフェクト頭部
・血飛沫エフェクト腕部
・ATフィールド
・切り裂きエフェクト(左右)
・ベースエフェクトパーツ

このほかに、クリアパーツで出来た台座が付きますが、いずこかへ行きました……。
台座を使用する際は、背中ではなく下半身に差し込みます。

また、初回限定でサンダースピアが付属します。
しかし、今回のエヴァには、持ち手など、手首のオプションパーツは付かないので、
この子には持たせる事が出来ません。


P2190581.jpg


可動範囲。
従来のエヴァシリーズよりも、良く動く印象。

肩には、2連のリボ球。
胴には、2か所にリボ球を使用。
首の付け根、頭と首の接合部にそれぞれ1ずつ。
これにより、良く動く印象を受けました。


P2190582.jpgP2190588.jpg

P2190583.jpgP2190584.jpg


背中の棒(?)は、2ヶ所だけ可動。
斬り裂きエフェクトは、指に差し込んで付けます。ポロリしやすいかもです…。
口の開閉も、パーツ交換無しで行えます。舌まで造形されています。舌は無可動です。


P2190585.jpgP2190586.jpgP2190587.jpg


血しぶきエフェクト、ATフィールドのエフェクトは、頭部に直接付けます。

しぶき具合がとても良い。リアリティーが増している気がします。
ATフィールドのエフェクトも、グラデーションがキレイです。


P2200589.jpg


腕用の血しぶきエフェクトも、キレイに塗装されています。
大きめなので、「多量の出血」という感じが出ていて好きです。

こちらは接続がリボ球なので、他のにも使用できます。


P2200591.jpg

P2200590.jpg


ベースエフェクト。
これにより、台座がなくても自立できます。
今回のエヴァは自立するためのバランスが、取りづらくなっているのでこういうのがあるのは嬉しいです。

以下適当に。


P2200596.jpg

P2200593.jpg

P2200594.jpg

P2200599.jpg

P2200602.jpg

P2200601.jpg

P2200603.jpg

P2200605.jpg


以上、リボルテック エヴァンゲリオン2号機 獣化第2形態 ザ・ビースト でした。

劇場公開時より、楽しみにしていた物です。
良く動き、造形も劇中を良く再現出来ていて、かなり満足いく物でした。

手首のオプションパーツが全くなかったのは、少し残念でしたが、
その代わり、多くのエフェクトパーツで遊びの幅も増え、とても嬉しい仕様です。

また、他のリボルテックシリーズにも使えそうなエフェクトパーツなので、
そういう意味でも遊びの幅が増えています。

大いに満足ですっ!!
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://figsfigs.blog39.fc2.com/tb.php/51-85ddb6b4

 トップページへ このページの先頭へ  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。